BLOG
2018年05月18日 18時12分 JST | 更新 2018年05月18日 18時12分 JST

ビッグバンの2億5000万年後に始まった星形成

今回、赤方偏移9.1096に、重力レンズ効果を受けた銀河からの2階電離酸素の輝線を観測した。

Getty Images/iStockphoto

現代天文学の大きな問題の1つは、第一世代の星がいつ形成されたかということである。

橋本拓也(大阪産業大学ほか)たちは今回、赤方偏移9.1096に、重力レンズ効果を受けた銀河からの2階電離酸素の輝線を観測したことを報告している。

精密な赤方偏移測定によって、「静止系」では可視光波長範囲に見られる赤色光が赤外領域に観測され、それがビッグバンの約2億5000万年後の時代の星の成分から生じていることが分かった。

これは、赤方偏移が約15の時期に星形成が始まったことを意味している。

Nature557, 7705

原著論文:

The onset of star formation 250 million years after the Big Bang

doi:10.1038/s41586-018-0117-z

【関連記事】

親星の風に吹き飛ばされる大気

Nature557, 7703 

Nature556, 7699 

問題の物質はどこにある?

Nature555, 7698 

Nature555, 7694 

Nature554, 7693