BLOG
2018年03月08日 09時46分 JST | 更新 2018年03月08日 09時46分 JST

圧力下で制御される化学

圧縮力の付加に応答する結合の形成や切断は、非常にまれである。

shulz via Getty Images

メカノケミストリーは、反応物の添加ではなく機械的な力を用いた結合の活性化である。

一般的にメカノケミストリーでは、引張応力の付加を利用して、機械的な力が加えられると反応する化合物であるメカノフォアの特定の結合を切断している。

圧縮力の付加に応答する結合の形成や切断は、非常にまれである。

今回N Meloshたちは、金属有機固体化合物では、試料全体を圧縮すると、異方性ひずみと酸化還元反応が分子レベルで生じ、これらは大きなリガンド基によって一方向に伝搬され、他の方向では柔軟なメカノフォアに吸収されることを示している。

応力を散逸させたり伝達したりするための柔軟なリガンドと硬いリガンドの組み合わせをさらに開発することによって、試料に圧力を加えるだけで生じる、より洗練されたメカノケミカル反応や、おそらく逐次反応への道が開かれる。

Nature554, 7693

原著論文:

Sterically controlled mechanochemistry under hydrostatic pressure

doi: 10.1038/nature25765

【関連記事】

Nature最新号