BLOG
2018年08月20日 15時50分 JST | 更新 2018年08月20日 15時50分 JST

頭蓋プラコードと神経堤は共通の進化的起源を持つ

神経板境界部全体が、拡張された原始的プラコードの特性を持つことを示している。

William Jorgensen via Getty Images

脊椎動物の特徴の1つは、神経堤と呼ばれる胚性組織の存在である。

しかし、神経堤がある部位には頭蓋プラコードも存在しており、プラコードと神経堤のどちらが先に生じたのかを知ることは難しい。

尾索動物(被嚢類)の胚性神経組織は両方の特性を持つことが知られており、M Levineたちは今回、尾索動物のカタユウレイボヤ(Ciona intestinalis)の幼生で神経板境界領域の発生を遺伝学的に解析し、神経板境界部全体が、拡張された原始的プラコードの特性を持つことを示している。

彼らはプラコードが神経堤の進化に先行していたと結論し、ホヤの神経板の区画化に用いられる遺伝子ネットワークが、脊椎動物の頭蓋プラコードと神経堤を区別する基盤となっていると示唆している。

Nature560, 7717

原著論文: Shared evolutionary origin of vertebrate neural crest and cranial placodes

doi: 10.1038/s41586-018-0385-7

【関連記事】

フィリピンにおけるヒト族の最古の証拠

Nature557, 7704 

Nature556, 7701 

Nature556, 7700 

Nature555, 7695 

Nature554, 7691