BLOG
2017年12月12日 16時41分 JST | 更新 2017年12月12日 16時41分 JST

マラリア原虫の免疫逃避

寄生虫である熱帯熱マラリア原虫は、いくつかの戦略を用いて、感染の際に宿主の免疫系から逃避する。

gevende via Getty Images
young doctor researches in lab

寄生虫である熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)は、いくつかの戦略を用いて、感染の際に宿主の免疫系から逃避する。

今回、荒瀬尚(大阪大学)たちは、マラリア原虫由来のRIFINタンパク質ファミリーのサブセットの1つが、感染赤血球の表面にリガンドとして発現して、免疫抑制化受容体である白血球免疫グロブリン様受容体B1(LILRB1)あるいは白血球関連免疫グロブリン用受容体1(LAIR1)と結合して、免疫応答を減弱させていることを報告している。

Nature552, 7683

Immune evasion of Plasmodium falciparum by RIFIN via inhibitory receptors

doi:10.1038/nature24994

【関連記事】

行動異常の背景となる脳の小領域

Nature552, 7683 

ニューロンによる免疫細胞の調節

Nature549, 7673 

ドーパミンが免疫応答を促進する

Nature 549, 7672 

個別化がんワクチンの臨床試験

Nature 547, 7663 

T細胞受容体レパートリーの決定

Nature 547, 7661