BLOG
2018年08月02日 12時41分 JST | 更新 2018年08月02日 12時41分 JST

ヒスチジン代謝がメトトレキサートへの感受性を決定する

メトトレキサートの効果を改善するために、臨床でヒスチジンの補給を用いることができる可能性を示唆している。

Zerbor via Getty Images

メトトレキサートはよく用いられる化学療法剤である。D Sabatiniたちは今回、メトトレキサートに対するがん細胞の応答を調節する代謝的特徴について報告している。

彼らは、ヒスチジン代謝の変化が、メトトレキサート感受性の決定要因の1つであることを明らかにした。

白血病のマウスモデルでヒスチジンを補給すると、メトトレキサートに対する応答が増強した。

この研究は、メトトレキサートの効果を改善するために、臨床でヒスチジンの補給を用いることができる可能性を示唆している。

Nature559, 7715

原著論文:

Histidine catabolism is a major determinant of methotrexate sensitivity

doi: 10.1038/s41586-018-0316-7

【関連記事】

IL-23が前立腺がんを増悪させる

Nature559, 7714 

Nature558, 7711 

Nature558, 7711 

Nature555, 7697 

Nature534, 7606