BLOG
2015年12月25日 00時54分 JST | 更新 2016年12月23日 19時12分 JST

かつて酸性化した土壌での生物多様性の回復

人間活動による大気中窒素の増加は草原の生物多様性が低下する原因となっているが、窒素量が減った場合にこうした生物多様性がどの程度回復できるのかは不明である。

上空から見たパークグラス実験場(2015年撮影)。

Credit: Courtesy of Rothamsted Research

人間活動による大気中窒素の増加は草原の生物多様性が低下する原因となっているが、窒素量が減った場合にこうした生物多様性がどの程度回復できるのかは不明である。今回J Storkeyたちは、英国ロザムステッド研究所で長期にわたって行われているパークグラス実験のデータを用いて、25年前に英国の大気中窒素量が低下し始めて以来、土壌の酸性度が最も高い区画を除く全ての区画で生物多様性が十分に回復しつつあることを示している。

Nature528, 7582

2015年12月17日

原著論文:

Grassland biodiversity bounces back from long-term nitrogen addition

doi:10.1038/nature16444

【関連記事】

新しい種には新しいニッチが必要 Nature509, 7499 2014年5月8日

気候変動で聞こえてきたカエルの悲鳴 Nature439, 7073 2006年1月12日

海底下で繁栄する細菌たち Nature436, 7049 2005年7月21日