anjerina-jori

ウクライナ西部・リヴィウを訪問した俳優のアンジェリーナ・ジョリーさんがインスタグラムを更新。子どもたちは、爆弾の金属片を身体から取り除く処置を受けたばかりだったという。
ジョリーさんはその後、リヴィウ駅を訪れていた時、空襲警報のサイレンが鳴り響いたため、駅の外にある車に乗り込んで退避したという
世界には、紛争や迫害などによって故郷を追われた難民が多くいます。アンジェリーナ・ジョリーは「すべての難民と避難民が平等な待遇と権利に値する」と訴えました。
「気候危機は人間による危機。何十年にもわたる(人間の)怠慢により、気候の緊急事態は加速している」と厳しく指摘しました。
2016年の離婚申請から5年。アンジェリーナ・ジョリー氏とブラッド・ピット氏の親権を巡る裁判は今も続いています
アフガニスタンの10代の少女から受け取った手紙を紹介。「私は背を向けません。助ける方法を探し続けます」と強い言葉で訴えた。
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』での演技で助演男優賞を受賞しました。
10月18日の日本公開を前に、『マレフィセント2』で主役を演じるアンジェリーナ・ジョリーが来日。ジャパン・プレミアを取材しました。
ブラッド・ピットと別れて1年。抱えてきた苦しみを、包み隠さずに語りました。