anjerina-jori

アンジェリーナ・ジョリーさんは今年1月、イラク北部ドホークにあるクルド人難民キャンプを訪問した際に2本の動画を制作し、その動画が、英紙「ガーディアン」のウェブサイトで2月10日に公開された。
音楽評論家がコンサートに行かずに書いた評があてにならないということと同じように、映画を見ていない者の評はあてにならない。
国際世論調査機関「YouGov」が「世界で最も尊敬される女性」を発表した。
本作の主人公は、ヨーロッパ中世童話「眠り姫」つまり「眠れる森の美女」の"魔女"である。
アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリー(38)が5月9日、「あと1、2本の映画に出演した後は、監督業に専念したい」と発言、女優業から引退する意向を示した。
ギャラップが30日公表した世論調査の結果によると、米国人が今年、世界で最も尊敬する人物は、男性はオバマ大統領、女性はヒラリー・クリントン前国務長官だった。
日本乳癌(にゅうがん)学会の研究班が、母親ら家族が乳がんになった日本人女性260人の遺伝子を調べたところ、3割の人は乳がんや卵巣がんのリスクを高める変異があることがわかった。日本人の遺伝性乳がん・卵巣がんのリスク予測に役立つ成果で、3日、米臨床腫瘍(しゅよう)学会で発表する...
ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のため、乳房を切除したことを告白したことは、日本でも大きな反響を呼んでいる。報道によると、ジョリーさんは、遺伝子検査の結果、乳がん発症リスクが87%、卵巣がん発症リスクが50%であることが判明したため、乳房切除を決めたという。手術を受けたことで、ジョリーさんの乳がんリスクは5%にまで減少したそうだ...
日本人女性の16人に1人が発症するともといわれる乳がん。統計によると、2008年に乳がんと診断された女性は6万5千人を超える。そのうち、5~10%は遺伝的な影響があると考えられているという。米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が14日、米ニューヨークタイムズ紙に「My Medical Choice」と題する記事を寄せ、両乳房の切除手術を受けたことを明らかにした。遺伝性のがんを予防するためという。