benkyokai

勉強会発足前は不安もありましたが、半年以上続けてきて、ようやく会の運営のコツが掴めてきました。
現在のビジネスパーソンは社外勉強会を通して、幅広い知識や人脈を得て、今後社会で生きていくための「柔軟性」や「クリエイティビティ(創造性)」を持つことを欲しているのかもしれない。
新しい万能細胞「STAP細胞」の論文に掲載された画像と酷似していると指摘された別の論文の画像について、研究の中心となった理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、2012年の内部の勉強会で使っていた可能性のあることがわかった。