「ちひろさん」「左ききのエレン」 などなど...オススメマンガを紹介します。
「マンガの読み解き方」Coffee With HuffPost Japan @ Blue Bottle Coffeeを開催します。
「全部読むのは記者でも大変」 ←え、ホント?
学校帰りやお仕事帰りの夜7時半。ブルーボトルのコーヒーを飲みながら、ネットとリアルの垣根を超えた「メディアの読み方」を学んでみませんか?
コーヒー文化の新潮流を綴ったドキュメンタリー映画「A Film About Coffee」が、12日から日本で公開されている。監督を務めたブランドン・ローパー氏がハフポスト日本版のインタビューに応じた。
東京では「ブルーボトルコーヒー」というアメリカから来たコーヒーが話題を呼んでいるようですね。行列ができるほどの人気という話を聞いて私は「なんでアメリカのコーヒーがそんなに人気なの?」という違和感を感じました。
サードウェーブコーヒーの日本での先駆けと言われるのが、東京・恵比寿に本店を構える猿田彦珈琲だ。しかし、当の猿田彦珈琲店主・大塚朝之氏は、自身の店がサードウェーブコーヒーの先駆けと言われることには違和感を覚えているという。
レセプションでは実際に3種のコーヒーが楽しめ、店内で食べられるグラノーラやケーキなどが振る舞われました。
コーヒーのおいしさを引き立たせるブルーボトル的スイーツ、試してみませんか。
スタバにつぐブームになるか――。ゆったりとコーヒーを楽しむことを主眼に置いた、アメリカのコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が2月6日、東京・江東区の清澄白河にオープンした。施設の大部分は、コーヒー豆を焙煎する施設で占められており、店内の座席は少ない。オープンを迎え、いち早く楽しみたいと駆けつけた人で店の前が埋め尽くされている。
ブルーボトルコーヒーが、海外初進出となる日本1号店「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」を2月6日、清澄白河にオープンします。
2015年2月に日本上陸するブルーボトルコーヒー。ところで、どんなお店?
東京・清澄白河に2015年、日本1号店のオープンを予定するコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」。スターバックスのようにどの店でも同じメニューではなく、店ごとに個性のあるコーヒーを一杯ずつ丁寧にドリップする、味にこだわるコンセプトが特徴だ。日本でのオープンを前に、アメリカのブルーボトルコーヒーの店舗の写真を集めた。