chiikineko

アクソイさんは「信じられない。非常に腹立たしい、この気持ちをどんな言葉で表現していいかわからない」と語っている。
実はこの銅像は渋谷の「ハチ公」の映画を見て思いついたんです。(発起人のバトゥ・アクソイさん)
昨年2月に、岐阜にてスタートした地域の保護猫団体と協力して、里親を見つける活動を続けるのと同時に、ビジネスとして「自走」できることを目指す「自走型保護猫カフェ」ネコリパブリックの、3店舗目となる御茶の水店が5月31日にオープンしました。
猫たちのなかで、変わった耳の持ち主に出会ったことはありませんか? 片耳の先が切られていたり、V字に切り込みがいれてあったり。でも彼らは喧嘩や虐待によって耳の一部を失ったわけではないのです。
猫カフェ・ネコリパブリックを運営する河瀬麻花(かわせあさか)さんから当サイトへ寄稿して頂きました。猫の殺処分について、それを減らすために始めた猫カフェについて、そして来月開催の猫祭り・ネコ市ネコ座にかける想いについて書いて頂いています。