deforuto

アルゼンチンが一部ヘッジファンドに対する支払い猶予期限である7月30日までに満額の支払いに応じなかったため、選択的債務不履行となりました。背景を説明します。
アルゼンチン債務問題をめぐり米連邦地裁が調停人に指名したダニエル・ポラック氏は30日、アルゼンチン政府と債権者の間で合意が成立しなかったと表明、「アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)が差し迫っている」との声明を発表した。
アルゼンチンは、債務再編に応じなかったホールドアウト債権者との法廷闘争に関連し、米裁判所が任命した調停人との協議を29日再開する。
米連邦地裁は22日、アルゼンチンの債務再編に応じなかった債権者と同国政府に対し、和解が成立するまで、裁判所の指名した調停人との協議を続けるよう指示した。 連邦地裁のトーマス・グリーサ判事は、債務不履行(デフォルト)を回避するために残された時間が少なくなってきていると指摘。「(デフォルトは)想像し得る最悪の事態だ。デフォルトは望んでいない」と述べた。
アルゼンチン債務問題をめぐり、債務再編を拒否した主要ホールドアウト債権者である米エリオット・マネジメント子会社は18日、アルゼンチン政府が30日の期限を前に、債権者との接触や協議を避けているとして非難した。
アルゼンチンの債務問題をめぐり、債務再編を拒否した主要ホールドアウト債権者、アウレリウス・キャピタル・マネジメントは14日、アルゼンチン政府が真剣に交渉に応じない限り、7月30日に新たなデフォルト(債務不履行)の危機に直面するとの見解を示した。
アルゼンチンのキシロフ経済財務相は7日、債務問題で米連邦地裁から指名された調停者に対し、米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事はアルゼンチン政府に対する支払命令の停止を復活させることが必要だと述べた。
アルゼンチンの2001─02年のデフォルト(債務不履行)時に債務再編に応じなかった「ホールドアウト」債権者らに有利な判決が下ったことについて、アルゼンチンのキシロフ経済財務相は25日、国連での演説で、アルゼンチンは新たなデフォルトに追い込まれる、と訴えた。
[ワシントン 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は30日、ウクライナに対し総額170億ドルの融資枠を設定することを理事会で承認した。 支援プログラムの期間は2年。混乱の続くウクライナ経済を支援する。
ハフィントンポスト各国版10月22日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントン・ポストUS版では、これらの攻防を上院指導者の民主党ハリー・リード院内総務へのインタビューで振り返っています。リード院内総務は、7月に行なわれたオバマ大統領との会談時に、「私たちはイカレた奴らに振り回されるのはもう終わりにしようと合意した。大統領は、『私は(共和党の)交渉に応じない』と言い、私もそのつもりだと答えた」と語りました。