e99a95e79fb3

「ドーンという大きな衝撃音が聞こえ、ビルが揺れた」
「爆弾だと思いました」
直方隕石は、貞観3年4月7日(861年5月19日)の夜に、武徳神社(現在の須賀神社)の境内に落下。神社境内の石碑によると...
古代エジプトのツタンカーメン王と共に埋められていた鉄製の短剣の材質が、地球上のものではなく、地球に落下した隕石であると研究者グループが発表した。
3月17日に発生した木星への小惑星の衝突は、地上から2人のアマチュア天文家がビデオ映像でとらえていました。
謎の物体はバスや窓ガラスを粉々にし、巨大なクレーターを残した。
11月3日の午後6時ごろ、九州や中国地方にかけて西日本の広い範囲で「空を明るい光が流れるのを見た」という目撃情報が相次いだ。
謎は深まるばかりだ。通過したヘリコプターが大きな穴をシベリア北部で発見した数日後、さらに2つの不可解な穴が同じ地域で発見された。
シベリアに巨大な穴が出現した。出現の理由はまだわかっていない。
小惑星で3番目に大きいベスタ由来と考えられているHED隕石から、高い圧力下で形成されたシリカの高圧相を、広島大学大学院理学研究科の宮原正明准教授、東北大学大学院理学研究科の大谷(おおたに)栄治教授、小澤信(おざわ しん)助教、国立極地研究所の山口亮(あきら)助教らが世界で初めて発見した。小惑星ベスタが激しい天体衝突を経験したことを示す証拠で、太陽系の歴史をひもとく手がかりといえる。7月15日、米科学アカデミー紀要のオンライン版に発表した。