erebeta

まるでダチョウ倶楽部の鉄板ネタのよう。一番人気のボタンは?子どもたちに人気の秘密を担当者に聞いた。
撮影者は「面白い体験でしたが、驚かれた方にはちょっと気の毒なことをしたなと思っています」とコメントを寄せました。
私たちが毎日乗っているエレベーター。身近な乗り物なので、意識をせずに使っている人がほとんどだろう。エレベーターのビジネスモデルはどうなっているのだろうか。
朝の出勤時等にどの程度の時間、エレベーターを待たなければいけないのか、は結構重要なことである。
「息子の事故だけの問題ではなくて、みんなが使うエレベーターの安全の問題なんです」(市川正子さん)
エレベーターに乗り合わせた短い時間で、自分の製品や自分を売り込むことを意味しており、どこで読んだか忘れてしまったが、たとえば、バフェット氏はそうやって知り合った相手に後日大きな投資をしたことが実際にあるそうだ。
100年前にヨーロッパで大流行した「パーテルノステル」は、扉もなければ、指定階で止まることもない恐怖のエレベーターだ。