fotosho

細くくびれたウエストに、シミひとつない艶やかな肌をした現代の「理想の」女性たちは、実生活で接する女性たちよりも、むしろプラスチック製のマネキンに近い。ローレン・ウェード氏は、この問題について人々に疑問を投げかけるため、有名な絵画の裸体像の助けを借りることにした。
18カ国ならびにEUのフォト・エディターたちが、ウィルソンさんの依頼に応じて生み出した作品には、世界各地の文化が女性に対して抱く期待がとても多様であることと、すべてに適合することは難しいことがわかるだろう。
エスター・ホーニグさんは25カ国以上40人のフォト・エディターたちにそう頼んだ。Fiverrというサービス共有サイトを通して、ホーニグさんは、自分の顔写真にフォトショップ加工を施してもらうよう世界中へ自分の顔写真を送信した。