fukushimadaiichigenshiryokuhatsudensho

台風18号の接近で、福島第一原子力発電所の状況はどうなっていたのだろうか。原発作業員が心配するのは原発のことばかりではなかった…。
東日本大震災発生時に福島第一原子力発電所で所長として対処にあたった吉田昌郎氏が、菅直人首相(当時)に強い憤りを覚えていたことがわかった。
東京電力の勝俣恒久元会長ら旧経営陣3人について、検察審査会は「起訴すべきだ」と議決した。
福島第一原子力発電所の事故によって一時は全町民に避難が指示された福島県の広野町で6月11日、「幸せな帰町とは何か」を考える国際シンポジウムが開かれた。
福島第一原子力発電所の汚染水が海に流れだすのを防ぐために建設が進められている「凍土遮水壁(凍土壁)」が、十分に凍っていない状態であることがわかった。
3.11に限らず、毎日どこかで何か考えさせるポイントはあります。例えば3.10は1945年、東京大空襲があって一晩で死者が10万人以上を数えた日です。毎日、誰かにとって、特別な日になります。私は、なにかしらの特別な日とは、 事実を再確認した上で考え、そして発信なりアクションなり、前に進むきっかけになる日だと思ってます。
福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。
経産省の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会第2回資料によると、2012年度実績という欄に、原発停止による燃料費の増加が3.1兆円と明記されている。しかし、これは嘘だった。
いまだに続く福島第一原子力発電所をめぐる惨事から、アメリカはどんな教訓を得られるのだろうか。原発専門家や政治家、活動家らが10月8日(米国時間)、ニューヨーク市でシンポジウムを行なった。
デジタルアーカイブをつくり、ただネットに置いておくだけでは足りません。意義と活用方法を説明する活動を展開する必要があります。レクチャーを受け、活用方法をマスターしたユーザが、新たな「語り部」となっていきます。こうして、アーカイブを包むコミュニティが形成されていきます。私はこれを「記憶のコミュニティ」と呼んでいます。