fushin

風疹は1276人、はしかは406人…。40〜57歳の男性は、今すぐ抗体検査とワクチン接種を!
特に多いのが東京、千葉、神奈川、埼玉など首都圏
妊婦が感染すると先天性風疹症候群(CRS)になる可能性が。赤ちゃんの耳や目、そして心臓などに障害が出ます。
子どもが欲しいならぜひ注意を。首都圏などを中心に7月から患者数が増加している
「絶望の最中にありながらも、両親は私を光と音の世界へと導いてくれました」
いま子供の風疹は多くありません。実は、風疹の多くは…
子育て中、頻回にわたる予防接種はなかなか面倒くさいものでありますし、回数を減らせるものなら減らしたいという気持ちは良くわかります。ただ...
リンゴ病は「伝染性紅斑」という疾患の別称で、パルボウイルスB19が原因とされています。小児期が中心の疾病ですが、成人でも罹患することがあるそうです。
ニュースやネット情報を見ると、この結論に疑いを持つ人たちの話のほうが目立つ感じなんだけど、まあ、オレの認識では専門部会の「神経の障害や薬剤の中毒、免疫反応の可能性は低い」という結論が妥当だと思う。
子宮頸がんてのは、ヒトパピローマウイルスってのが感染して起きるがんで、とりあえずワクチンで予防できる唯一のがんてことになっている。
公衆衛生と言えば、日本では、役所や保健所、大学、研究所があるではないかと言う方もいるだろう。もちろん、そうした機関も大事なのだが、国家安全保障的役割が重要であることを忘れてはならない。その一番分かりやすい例が、感染症対策だ。
悲しむだけでなく、再発を防ごう!ということで、フローレンスの往診提携医、ナビタスクリニックの久住先生が立ち上がりました。なんと、フローレンスの利用会員のパパ達に、先着100名で無料ワクチン接種を行う、と。
世界中、どこの国に渡航するに際しても、世界的に標準とされる Routine vaccines を済ませておくべきだ。ちなみに、麻疹(はしか)も、成人のほとんどは1回しか予防接種を受けていない。世界的には2回の接種が必要とされており、不十分である。グローバル化する現代を無事に生き抜くには、麻疹風疹混合(MR)ワクチン接種は必須だ。
次の大流行が起きる前に、免疫の無い人に、速やかにワクチン接種を受けさせ、集団免疫として必要な85%の接種率を実現するしかない。個人の自発性に期待していては、実現不可能である。私は、予防接種法における臨時接種として、接種義務を課す形での実施が必要と考えている。もちろん、費用は公費とすべきだ。少子化が問題となり、対策に躍起になっている国が風疹を野放しにしているとは、まったくの片手落ちだ。少子化対策費用として考えれば良い。
厚生労働省研究班は、妊娠中に風疹ワクチンを接種した場合でも中絶を考える必要はないとする緊急見解をまとめた。日本産婦人科医会など2学会は21日、この見解をウェブサイトで公表した...