gaishokusangyo

意外に知らない。日本の外食カレーってどう誕生してどう広まった?
幸楽苑が看板商品の290円(税抜き)の「中華そば」の販売を中止する。中華そばが売れれば売れるほど、利益率が下がる状況だった。
株価上昇をもたらしたアベノミクス相場が始まって1年が経過し、外食市場にも大きな変動のうねりが押し寄せている。「280円」の価格に代表される牛丼では、「低価格」に対する消費者の感応度が下がってきているのに対し、2000円前後のステーキや相対的に価格の高い焼肉などに人気が集まる傾向が鮮明になっている。来年4月の消費増税を前に外食各社は、商品構成や価格設定をより柔軟に変更し、消費者の「プチぜいたく」志向に対応しようとしている。