gunkanto

軍艦島の愛称で知られる長崎市の端島(はしま)などの世界文化遺産への登録を阻止するために、韓国が世界各国に反対を呼びかけるロビー活動を展開している。
世界遺産の指定を目指す長崎市の「軍艦島」を、精密な3Dモデルで再現した動画を、長崎大学大学院がYouTubeで公開した。
世界文化遺産への指定をめぐって日韓が対立する長崎市の「軍艦島」。一体、どんな場所なのか。朽ちた廃墟が林立する無人島に実際に行ってみることにした。
幕末から明治にかけて作られた炭鉱や製鉄所などの、ユネスコ世界遺産への登録を巡って、日本と韓国が対立している。
「軍艦島」のニックネームで知られる長崎市の無人島「端島(はしま)」が、世界文化遺産に登録される見込みとなった。
長崎県の観光名所、「軍艦島」。高解像度の4Kカメラを積んだ、ドローンが入り、その姿をきめ細やかな動画で捉えている。
「軍艦島」の愛称で知られる長崎県の端島(はしま)が、台風8号の高波の影響で施設が損傷。7月11日以降、上陸禁止の措置が取られている。
世界文化遺産への登録勧告された富岡製糸場は、経済産業省が指定する「近代化産業遺産」でもある。これは、産業近代化の過程を知ることができる建物施設や機械装置などを指定し、地域活性と遺産の保存につなげるためのものだ。全国で1115件が指定されているが、その中からいくつか、画像で紹介しよう。
人気漫画「進撃の巨人」の実写映画のロケ地に、「軍艦島」のニックネームで知られる長崎市の端島が選ばれたことが明らかになった。
日本政府がユネスコの世界文化遺産に推薦した「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、韓国内での反発が続いている。長崎の端島炭坑(軍艦島)など、戦時中に朝鮮人が徴用された「負の遺産」との意見からだ。