hakamadaiwao

秀子さんはカトリック教会側の支援への期待について「こうしないといけない、ああしないといけないということではなく、できることをしてもらえればいい」と答えた。
昨年末、裁判員裁判で死刑判決が下された事件で、初の死刑執行がなされた。
1966年に静岡県で起きた「袴田事件」で死刑が確定した袴田巌さん(79)が釈放されて3月27日で1年。袴田さんの姉、秀子さんが巌さんの現状について語った。
不正、虐待、自由は抽象的概念ではない。その向こうには命がある。失われた命、救われた命、尊厳を持って生きる命、絶望のうちに生きる命。そして涙と微笑みがある。
1966年に静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、再審開始決定で釈放された袴田巌さん(78)が肺炎で緊急入院したと、弁護団が8月29日、発表した。
2014年も早くも折り返し点を過ぎた。ハフィントンポスト日本版で人気を集めた記事を中心に、ネットで話題になった人物をスライドショーにまとめてみた。
1966年の「袴田事件」で死刑が確定し、再審開始決定で釈放された袴田巌さん(78)が4月14日、釈放後、初めて公の場に姿を見せた。日本弁護士連合会が東京都内で開いた報告集会に出席した。
1996年の「袴田事件」で死刑判決が確定した後、再審が認められて釈放された元ボクサーの袴田巌さん(78)の姉の秀子さん(81)が4月9日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した。
1966年の「袴田事件」で死刑判決が確定した後、再審が認められて釈放された元ボクサーの袴田巌さん(78)に6日、世界ボクシング評議会(WBC)から名誉チャンピオンベルトが贈られた。入院中の袴田さんに代わって受け取った姉のひで子さん(81)は「とても重い。巌が見たらどんな顔をするか」と笑顔を見せた。