hakamadajiken

秀子さんはカトリック教会側の支援への期待について「こうしないといけない、ああしないといけないということではなく、できることをしてもらえればいい」と答えた。
多少なりと「科学」に関わった人間にとって、本田鑑定が「科学的鑑定」とは到底言い難いものであることは明白だ。
昨年末、裁判員裁判で死刑判決が下された事件で、初の死刑執行がなされた。
1966年に静岡県で起きた「袴田事件」で死刑が確定した袴田巌さん(79)が釈放されて3月27日で1年。袴田さんの姉、秀子さんが巌さんの現状について語った。
不正、虐待、自由は抽象的概念ではない。その向こうには命がある。失われた命、救われた命、尊厳を持って生きる命、絶望のうちに生きる命。そして涙と微笑みがある。
1966年、静岡県で一家4人が殺害されたいわゆる「袴田事件」。DNA鑑定の結果、逮捕された袴田さんのDNAと一致せず、今年3月、再審が決定したが、東京高裁が異議を申し立てた。再審決定の決め手となったDNA鑑定において、「検査過程で他のDNAが混入した可能性があり、鑑定結果を信用できない」と主張しているという。
1966年に静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、再審開始決定で釈放された袴田巌さん(78)が肺炎で緊急入院したと、弁護団が8月29日、発表した。
1966年の「袴田事件」で死刑が確定し、再審開始決定で釈放された元プロボクサーの袴田巌さん(78)が5月19日、後楽園ホール(東京都文京区)のリングに上がった。世界ボクシング評議会(WBC)から贈られた名誉チャンピオンベルトを腰に巻き、ピースサインをした。
1966年の「袴田事件」で死刑が確定し、再審開始決定で釈放された袴田巌さん(78)が4月14日、釈放後、初めて公の場に姿を見せた。日本弁護士連合会が東京都内で開いた報告集会に出席した。