hakuhodo

博報堂DYグループのSIGNINGは位置情報のシェアに着目した「シン密圏プロジェクト」を発足。Z世代を中心とした若者から広がる、新たなコミュニケーションに関するレポートの発表で見えてきたものとは?
第1回well-being Tableが開催され、性的マイノリティや福祉の領域などでウェルビーイングに挑戦する登壇者たちが言葉を交わした。領域もアプローチの方法も異なる「多様なウェルビーイング」とは?
人とカブるシンプルな「モブ服」の裏にどんな心理があるのか。みんな同じに見える「白シャツ黒パン」の人に聞いてみると、今の日本の価値観が浮かび上がってきました。
「夢への通過点」「定年後の生きがい」「自己実現」…飛び出す言葉はどれも、真剣そのものだ。
東京・恵比寿の人気店「賛否両論」店主の笠原さんが料理の世界に入ったのは、平成が幕を開けた頃でした。
私たちは、何を根拠にモノを買ったり、くらしを選択しているのだろうか?