ハンセン病

美しい島々に隠されたハンセン病の歴史。
ハンセン病回復者の社会復帰と子どもたちの未来。
ハンセン病に対する宗教の二つの顔。
今も拡散し続けるハンセン病をめぐる誤った物語。
発症力が弱く、治療できるにもかかわらず、今もなお差別の対象となる理不尽。
ホセが強制的に送られた施設は、ナチスの収容所でも、刑務所でもなかったが…
生きるとは、強く生きるとは、
ハンセン病を考えることは、
苦難と偏見で綴られた韓国のハンセン病患者~「小鹿島病院」100年にあたって
ハンセン病療養所と「赤ちゃんポスト」

あの人のことば

Leprosy-free

はじめてのSDGs

住民23人のピグミーの村でも差別は存在した。

あの人のことば

ブラジル…最後のハンセン病未制圧国のユニークな取り組み。
300万人のハンセン病患者が今も見つけられるのを待っている。

はじめてのSDGs

ハンセン病回復者たちに勇気とパワーを。

あの人のことば

国連でハンセン病の人権問題がテーマとなった。
モーターサイクルのメタファー。
WHOハンセン病制圧大使としての私の役割。
1985年の時点で、ハンセン病は世界の122か国で公衆衛生上の大きな問題だった。
ハワイにやって来たその神父は、
父の初恋の人は、ハンセン病を発症し、自ら消息を絶った。

ビジネスが作る未来

中国嶺后村でハンセン病元患者のために尽力する原田燎太郎さんという希望。