henka

かつてベンチャーキャピタリストは、コツコツ働き、じっくり判断するとの定評があった。では、今日のベンチャーキャピタリストは?
「日本だけが特別視される時代ではなくなった」今、中国と付き合うために必要なマインドとは
意味がないと思うものがのちに意味を持つようになったり、すべてだと思ったものが意味を持たなくなったり、誰でも経験のあることではないでしょうか?
環境が変わると『日常が大きく変化する』ということは、間違いのないことです。
小さな変化とは、小さいだけにトライしやすいものです。
「心的外傷後成長」とは?
価値観を旅する雑誌『LOCKET』を作った内田洋介さんに、前半のインタビューでは誌面で多くのページを割いているブータンという国について語って頂きましたが、後半では価値観に目を向けるようになった衝撃的なきっかけや今後について語って頂きました。
他人を変えたければ自分が変わること。しかし、自分が変わっても環境が変化しないこともあります。そんなときは、思い切って周りの環境をガラッと変えてみるのも一つの方法なのかもしれません。
心優しく正直で誠実な青年が競争能力に乏しいというだけで無能者扱いを受けるというのは、どう考えても間違えていると思うのですが...あなたは、どう思いますか?
我々は特に激しく変化する時期に生きています。そのせいなのか最近は年配の人だけでなく若い世代にまで変化を嫌がる風潮が広がりつつありますが、革新を拒んで繁栄するということはありえません。