「○○の生徒という所属や属性の枠に子どもたちを合わせようとするのは『支配』です。自分の頭で考えて育っていくことにつながりません」
「『泰明とはこうあるべき』という期待や圧力に囲まれながら、和田校長は長期間に渡ってお仕事をしてきた」
「制服を決める過程で、保護者の皆さん、ステークホルダーの皆さんともう少し話をしてこられればなあという印象をもった」