infura

マンホールの蓋の写真を、市民の力を借りて収集する取り組みが全国で始まりました。背景には、日本のインフラの老朽化の問題があります。
老朽化が社会課題となっている日本のインフラ。マンホールの蓋の画像を、草の根の力で収集する企画が話題となっています。
【政策起業ケーススタディ第6回】ヤマトホールディングス特別顧問の木川眞さんが語る、「物流の標準化と政策起業」。
バングラデシュでの我々の挑戦はまだ始まったばかりだ。
今こそ日本は新たな高度成長を牽引していかなければならないのだ。
日本とロシアが受注したベトナムの原子力発電所の建設計画が、白紙撤回された。
「公園より保育園のほうが大事に決まっているだろう」とか「子どもの遊び場ごときより待機児童で悩んでいる親の悩みのほうが深刻だ」とするのは早計ではないか。
渋滞はアジアの病だ。ほとんどの都市で道路事情は悪化しているが、私の観察ではジャカルタとマニラが特にひどい。
日本の魅力を求めるリピーターには、単に家電製品や衣料品を売るだけでは満足してもらえない。
10月7日、タイのプラウィット副首相兼国防相は「中国側メディアが盛んに報じているクラ地峡運河建設に関し、中国側と正式調印することはない」と語った。
情報・システム研究機構統計数理研究所と外資系企業のSAS Institute Japanが、ビッグデータの活用を推進する「ビッグデータイノベーションラボ(BIL)」を共同で設立することになった。
政治家・議員は「票を金で買う」とよく言われます。
安倍晋三首相は20日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、日本が参加すれば新銀行の信頼性が高まるとする一方、出資には依然として慎重な姿勢を示した。
海外からのニュースや選手へのインタビューをリアルタイムで観ていると、以前に比べて「タイムラグ」が少なくなったことに気づきませんか? その背景には、「光海底ケーブル」の普及があります。
Presented by FUJITSU JOURNAL
「上野東京ライン」の線路の、秋葉原―神田間の新たな高架橋を地元住民らに公開した。終電から始発まで限定の前例ない工事が行われた場所だ。