iryohoken

「1歳児以上の場合、検査の有無はお子さんの未来の健康を左右しません」保険適用外のRSウイルス検査について、小児科オンライン代表の橋本直也さんは指摘します。
医療保険制度はなぜこんなに多くの種類があるの?
治療を続ける患者を支えようという思いから、自分のつらさを言い出すことができず、心や体のバランスを崩してしまう家族も少なくない。
「オバマケア2.0だ」
日本人医学生の目線から見た、ヨーロッパで医療を学ぶ魅力とスロバキアの医療事情。
予防や健診で先手を打てる時代にもかかわらず、医療業界は後手に回る仕組みのまま。その突破口を開くために、保健医療の位置付け自体を変えていこう。
今回は、連合が長年取り組んできた「お医者さんにかかったら領収書をもらおう」運動について話します。
2015年現在、保険などの「入院給付金」の通算支払限度日数は1095日(3年)となっている。この日数に至るまでには、歴史的な変遷があった。
マイナンバー、そしてマイナンバー制度とは?そのメリットと注意点を、わかりやすく説明します。
医療保険の保険料や準備金の計算に用いられる疾病発生率。それを設定する際に、担当者の頭を悩ませるものとは?
医療保険や医療特約などの手術給付金の入院給付金日額に対する給付倍率である「10・20・40」倍について取り上げたい。
認知症にはほかに2つのタイプがあるとされています。実は、そのうちのひとつである「レビ―小体型認知症」を発見したのは、日本の精神科医である小阪憲司先生なのです。
ここでは、「指定代理請求制度」の指定代理請求人の範囲として規定されている、「3親等内の親族」について取り上げることとしたい。
2014年6月の医療法改正で、医療事故調査制度が発足することになった。新しい制度では、院内事故調査委員会がすべての医療機関に設置される。
誰の話かはさておき、病気による入院の話をしよう。主に費用面の話である。