japan lgbt

性の多様性を啓発するイベント「東京レインボープライド 2015〜パレード&フェスタ」が4月25日、東京・渋谷区の代々木公園イベント広場で開幕した。
同性愛者、性同一性障害などの性的マイノリティー(LGBT)は、全体の7.6%にのぼる。こんな最新の調査結果を、「電通ダイバーシティ・ラボ」が全国約7万人へのアンケートをもとにまとめた。
新たに行われた調査によると、アメリカ合衆国の50州全ての地域で、同性婚を支持する世論が高まっている。
念のため強調しておくが、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、そしてトランスジェンダー間の恋愛はどこにでも存在する。
「宗教の自由回復法」が成立したことを受け、インディアナ州に本部を置く9つの大企業のCEOらは、マイク・ペンス知事と共和党に対する3月30日付けの書簡で、「宗教の自由回復法」は従業員に対する差別につながるとして懸念を示した。
講談社が予定していた単行本発売が取りやめになり、DeNAが配信するマンガボックスでの連載も中止された幾夜大黒堂(いくや・だいこくどう)さんの漫画「境界のないセカイ」が、別会社で連載継続することになった。
渋谷区の桑原敏武区長は議会終了後の記者会見で「国政の課題に一石を投じる歴史的な事業になった」と評価した。一方で、実際に証明書の発行が可能になるのは、早くても6月定例区議会のあとになるとの見通しを示した。
本会議を傍聴した当事者たちは、区役所前で「THANK YOU SHIBUYA」「祝・同性パートナーシップ条例」と書かれた横断幕を掲げ、報道陣のカメラに囲まれて喜びの声をあげた。
東京都渋谷区が同性カップルに対し、結婚に準じる関係と認め「パートナーシップ証明」を発行する全国初の条例案が、3月31日の渋谷区議会の本会議で採決され、賛成多数で可決された。
セクシャル・マイノリティ(性的少数者)への理解や同性婚の法制化に向けた議論が進んでいる。東京都渋谷区は、同性カップルに「結婚に相当する関係」を認める条例案を区議会に提出、現在審議中だ。
東京都の渋谷区議会は3月26日、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める証明書の発行条例案を総務区民委員会で賛成多数で可決した。
国連総会第5委員会(予算・行政)は3月24日、同姓結婚した国連事務職員への待遇改善策を撤回するよう求めたロシアの提案を、反対多数で否決した。
4月4日から公開されるイギリス映画「パレードへようこそ」は、レズビアン・ゲイを題材にした、実話に基づいた作品だ。80年代のUKヒット曲とともに笑いと涙で描かれている。
幾夜大黒堂さんの漫画「境界のないセカイ」の単行本発売が取りやめになり、マンガボックスでの連載も中止された件について、樹林伸編集長が3月25日に公式声明を出した。
日本政府観光局がLGBTの観光客を公式に歓迎する方策を打ち出した。それも、驚くべき手段によってだ。
東京都渋谷区の桑原敏武区長は23日、東京の日本外国特派員協会で会見し「社会制度に問題があれば改善するのが当然」と、多様性を認める社会へのシフトチェンジを訴えた。
名古屋市議選に、戸籍上は男性の性同一性障害者が女性として立候補の意思を示していたことについて、同市選挙管理委員会はこの候補者の性別を女性として受理した。
アメリカ最大の長老派教会の宗派「USA長老教会」は、数年に渡る討論の結果、より寛容な結婚の定義を盛り込んだ新たな協会規則を発表した。
講談社から発売予定だった幾夜大黒堂さんの漫画「境界のないセカイ」が発売中止となった件で、LGBT団体の「レインボー・アクション」が3月18日、ネットに声明を発表した。「他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」として、過剰な自主規制をやめるように訴えている。
エルトン・ジョンが「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」を強く非難し、同性愛者の家庭について議論を呼ぶコメントをした2人のブランド商品の不買運動を呼びかけた。