jinkojusei

第三者から精子や卵子の提供を受けて生まれた子どもたちの「出自を知る権利」。海外では法律で保障する動きが広がり始めている一方、日本では保障されていない。
第三者を介する生殖補助医療で生まれた子の親子関係を定める民法特例法案。臨時国会で提出される見通しだが、子が精子や卵子の提供者を知る権利は「棚上げ」されたままだ
「不適切な生殖医療が広がっている恐れ」と研究チームは指摘しています。
「進歩主義者」として有名なマクロン氏だが、性的マイノリティの権利をめぐる問題に関しては、「ジグザグ帆走」が続いている。
「子どもがいない方が自由に生きられると思っていた」と思っていた小林さん。その気持ちが30代で変化しました。
子どもができない人たちに重くのしかかる不妊症の治療費。なぜ、日本では保険がきかないのか。
50歳を過ぎた女性の多くは、子供が独り立ちした後の生活に大いに喜びを感じるものだが、アンネグレット・ラウニックさん(65)はそうではない。
お笑いトリオ・森三中の大島美幸の夫で、放送作家の鈴木おさむ氏が15日、自身のブログを更新。大島が妊娠6ヶ月で無事安定期に入ったことを丸みを帯びたお腹の写真と共に報告した。