jinkotoseki

「がんばる」というのは本来主観的なものなのに、なぜか相対的なものとして見られている日本社会。
「立候補までは、ある程度の自由裁量はある」とも。
過剰な自己責任論や「本音」に名を借りた暴言に対して、私たちはどう向き合うべきか。立岩真也教授に話を聞いた。
個人の努力を促せば、医療費は削減できるのか?実は、予防医学では、それでは不十分なことが明らかになっている。
長谷川豊さんと女性患者の対談について「取り込まれたのでは?」「なぜもっと強く抗議をしなかったのか」という疑問の声に、女性患者の野上さんがハフポスト日本版に改めて寄稿した。
抗議の署名を集めた女性は、「長谷川さんが本当に訴えたかったことを聞き、一緒に未来を考えたい」とも考えていた。
小児病棟で「治療を続けてあげたいけどお金がない」とこぼす親の話も聞きました。(署名を集める野上さん)
LINEで長谷川さんとやりとりした内容を明らかにした。
人工透析患者を批判する文章をブログに書き込み、テレビの全レギュラー番組を降板することになったフリーアナウンサー長谷川豊氏が6日、自身のブログを更新し、持論を展開した。
阿部哲子アナは「私個人としては長谷川さんが100%悪いと思う。バカヤローと言いたい気持ち」と心境を明かした。