jiyu

「自由」を「夢」に例え、ポストイットに抗議の声を乗せる若者たちがいた。
私たちは人間は、そう簡単に「自由」になることはできないのです
これからますます「個人」は会社にとらわれる必要がなくなるのかもしれません。しかし...
彼女のスピーチは、中国の大気汚染の問題から、言論の自由が許されれない中国に比較して、アメリカで感じたという「新鮮な空気」へと展開していく。
政治の世界に女性や若い人の挑戦が増えることを願っています。
私見だが筆者は個人の自由を社会にとって何より重要と考えている。
民主主義って、議会制だけでは足りなくて、議会を補完する役割がデモにあると思っています。
ヘイトスピーチというのは、二つネガティブな面がある。
結局デモしたって法案は成立したじゃないかって、いろいろ批判されたんですよ。たしかにわかりやすい結果を求めている人たちはそう思うのかもしれない。でも...
SEALDsの活動については高い評価がある一方で、冷めた見方もあり、批判や反発も出ています。
GDPが高く、個人の自由な暮らしが思想面だけでなくインフラ面でも徹底しているにも関わらず、私達はそれほど幸福にはなっていないらしい。
人生にとって、大切なことは何だろうか。何を大切な価値観として、生きるのか。
なぜBPOが政府や自民党の介入を批判するのでしょうか。
私は時々極端な世界を想像して「どんな感じかなー」とボーっと考えてます。
「自由である権利」は人間にとって最も重要な権利の一つだろう。だから、世界中の原則で、例えば「日本国憲法」において、「アメリカ独立宣言」において、「フランス人権宣言」においても、その内容に含まれているわけである。もちろんこの権利は元々人間という生物に備わっているものではなく、後からつけられた単なるフィクションであるが、現在の我々にとって重要であることは変わりない。
ブラック企業にせよ、異常な就活戦線にせよ、あらゆる労働問題のキモは「そんなん言うなら辞めます」と労働者が言えないことだ。
世の中が息苦しくなれば、宗教に光を見いだそうとする人が増えるのが世の常ですが、果たしてその求めに応じるだけの力が今の仏教界にあるのかどうか。実際のところ、お坊さんでさえ経済に負けてしまっている人が少なくないのではないでしょうか。住職として経済(娑婆を支配するシステム)を理解して適切な付き合い方を身につけることは大切ですが、経済に飲み込まれては元も子もありません。