jobansen

地震で一部不通の東北新幹線に代わって「ひたち22号」が仙台から延長運転。「爆弾低気圧」の中、8時間遅れの深夜2時すぎに上野駅に到着しました。
津波による壊滅的な被害を受け、車体撤去から始まった復旧作業。代行バスの運行、内陸への移設、原発事故の影響などを乗り越え9年ぶりに繋がった。
JR東日本では、エル特急〈ひたち〉に使用している国鉄特急形電車485系の老朽取り替え用として、651系の開発に着手し、1988年12月に登場した。基本編成7両、付属編成4両で、列車の輸送量に応じて増解結できる態勢をとった。
2014年9月12日18時過ぎ、東京地下鉄(東京メトロ)国会議事堂前駅最寄りの内閣総理大臣官邸(以下、総理官邸)前では、原子力発電所(以下、原発)再稼働反対と安倍晋三総理大臣辞任の両方を求めるデモに遭遇した。先頭は太鼓などの楽器を使い、参加者全員が熱唱後、代表者が原発再稼働反対を強く訴えた。その列は国会議事堂前駅の3番出入口付近から始まり、4番出入口を通り過ぎたあたりまで続いていた。
東京電力福島第一原子力発電所の事故で避難区域に指定され運休していた福島県内のJR常磐線のうち、広野(広野町)―竜田(楢葉町)間が6月1日、約3年3カ月ぶりに運転を再開した。避難区域内で鉄道が再開するのは、原発事故後初めて。
JR東日本が工事を進める、東北・高崎・常磐線と東海道線を結ぶ連絡線(通称・東北縦貫線)の開業が2015年春、愛称が「上野東京ライン」と決まった。