jutaku

ひとり暮らしの40代が増えると、日本は滅ぶ。そんなショッキングな分析がある。分析結果を導いたのはAI(人工知能)だ。しかも、そのAIを開発したのはなんと、公共放送・NHK――。
日本にいてはあまり実感がない若者の住宅問題だが、実は...
まずは同法案の骨子について解説します。
朝の出勤時等にどの程度の時間、エレベーターを待たなければいけないのか、は結構重要なことである。
自動車がない駐車スペースは結構広く感じるものだ。これが必要なくなれば、何に利用するだろうか。
住む場所がなければ、どんな就労支援も意味がない。住民票がなければ選挙権もない。様々な「人権」が、あっさりと失われてしまう。
平成25年住生活総合調査を用いて、初めて持ち家を取得した層と2回目以上の層とを比較する。
昨今の住宅取得事情について、一般的な統計を用いて様々な角度から分析した結果を紹介する。
もしAirbnb法案が法制化されれば、最大3万1000人のニューヨーク市民が立ち退きまたは差し押さえの危機に陥る、とAirbnbの調査結果が伝えている。