jutaku

風雨が強まる前に家の内外ともに備えを固めておく必要があります。留意しておくべき対策ポイントをまとめました。
家は一生もの。健康的に快適に、ずっと住み続けられる「理想の我が家」に巡りあうためには?
PRESENTED BY 積水ハウス
住み続けるほどお財布に優しくなる住宅が今、注目を集めている。鍵を握るのはZEH(ゼッチ)だ。国も支援する最新の住宅をめぐって、マイホーム購入の本音座談会がスタート。
PRESENTED BY 積水ハウス
計画しているのは住宅建築会社「東洋ハウジング」。顧客に提案をしても「前例がない」という理由で実現できなかった。このため、自社ビルという形で、計画を進めることにしたという。
今年1月に示された計画では、事業費が130億円から188億円へと膨れあがっていた。
ひとり暮らしの40代が増えると、日本は滅ぶ。そんなショッキングな分析がある。分析結果を導いたのはAI(人工知能)だ。しかも、そのAIを開発したのはなんと、公共放送・NHK――。
日本にいてはあまり実感がない若者の住宅問題だが、実は...
まずは同法案の骨子について解説します。
朝の出勤時等にどの程度の時間、エレベーターを待たなければいけないのか、は結構重要なことである。