k-pop

所属事務所HYBEでは、BTSが新人の頃からメンタルヘルスケアに力を入れてきた。世界中から注目を集める今も、メンバーはカウンセリングを受けたことなどを率直に明かしている。
アジア系住民をはじめ社会的マイノリティ層を中心に、アメリカで支持を拡大してきたBTS。SUGAは「私たちは多様性がもつ力について話したかった」と語った。
アジア系住民に対するヘイトクライムの問題や、撲滅のための取り組みについて会談した。メンバー7人それぞれの発言内容は?
現地時間5月31日に訪問。メンバーから公式なコメントは出ていないが、リーダーのRMはインスタグラムのストーリーに、ホワイトハウスの発表文に、紫のハートを添えて投稿した。
HKT48、IZ*ONEを経て3度目のデビューを果たした宮脇咲良(みやわき さくら)さん。BTSの事務所HYBE傘下のレーベルからデビューし話題を呼んでいます。
「K-POP界で初めてゲイであることを公表したアイドル」とされる歌手のHolland(ホランド)さん。梨泰院で男から殴られたといい、鼻に傷を負った写真をSNSに投稿した。
メンバーのVが歌手のオリヴィア・ロドリゴの隣に座り何か耳打ちする姿が、SNSで話題に。
ライブで叫べないというのは、私たちにとって新たに経験する苦痛だった。かっこいいダンスナンバーが終わっても、ファンの拍手しか聞こえない。まるでK-POPのライブではなく、クラシックのコンサートにいるみたいだ。
韓国国内では懸念の声も上がっています。
アメリカの人気司会者ジミー・キンメルさんの発言が、人種差別を助長するなどと指摘する声が多数あがっている。