k-pop

BTSはプレゼンターとして参加。前回の『Dynamite』に続き、『Butter』のノミネートにも注目が集まっている。
オーディション「THE FIRST」から生まれたBE:FIRSTが大きな盛り上がりになっている一方で直面している問題も。SKY-HIは、次の挑戦はボーイズグループの「売り方」を変えることだと話す。
所属事務所HYBEでは、BTSが新人の頃からメンタルヘルスケアに力を入れてきた。世界中から注目を集める今も、メンバーはカウンセリングを受けたことなどを率直に明かしている。
新しい石炭火力発電所は必要ない、まだ時間はあります――環境活動家とK-POPファンが手を組んでビーチを守ろうとしています
NHK朝ドラ『おかえりモネ』で、車いすマラソン選手・鮫島祐希を演じている菅原小春(すがわら こはる)さん。大河ドラマ『いだてん』に続いてのスポーツ選手役に、注目が集まっている。
今や世界的トレンドを牽引するK-POP。熱狂するファンの気持ちを離さないポイントは「IP(知的財産)ビジネス」にあった━━。K-POPや韓国カルチャーの分析に定評のある田中絵里菜さんによる最新レポートです。
メンバーのジミンは「とんでもない経験ができました。心からありがとう、幸せです。ARMYのみなさん、愛してます」とコメントした。
BTSの「Dynamite」は、K-POPグループとして初めて米ビルボードのシングルチャート1位を獲得した曲でもあります。
「あれだけ痩せたら画面でかわいく映る。だけど、むしろ今の方が幸せ」。ミナは語った。
gugudan(クグダン)ミナさんの「誕生日パーティー」に参加したという記事でチョンハさんは強い非難を受けた。
GFRIENDのソウォンさんが、ナチスを連想させる制服を着たマネキンとの2ショット写真を投稿していた。
Qアノン信奉者として知られるグリーン議員、弾劾を呼びかけるハッシュタグを作るもK-POPファンの力を思い知ることに…
突然現れ、空気中に何かを撒いて瞬く間に立ち去ることを繰り返し、「あの人は一体何をしているのか?」との疑問を巻き起こした。
「本部長を解任せよ」。JYPエンターテインメントの不誠実な仕事をファンが強く非難している。
アメリカの音楽メディアはBTSを「混乱する現代において、メンタルヘルスと若者のプレッシャーについて考えてきた」と評価する。
「兵役は当然のこと」と表明した。1992年生まれのジンは、兵役義務の年齢を目前に控えている。
救命救急に運ばれたり、倒れたメンバーも。「腸掃除、食欲抑制剤などでダイエットをした」と明かした。
「Make A Wish」で正式デビューを果たした、ショウタロウ。団体チッケムの再生回数を超えた
人気K-POPグループ防弾少年団(BTS)の兵役特例の可否が話題となっている。兵務庁は入隊延期の対象者に「文化芸術分野」の功労者も加えるとの法改正の方針を明らかにした。