kagawaken

条例について考える講演会で、一律の時間制限を問題視。「ゲーム依存」の背景にある問題を含めたケアが必要だと訴えた。
把握していた参加予定者の数を大きく上回り、当日参加者やスタッフを含め200人近くが街を歩きました。
「正直、ここまでの反響は予想していなかった」県庁の担当者も驚愕
香川県は27日、県産ブランド米のイメージガールとして「色白で透明感のある女性」を募集したところ、外部から不適切との指摘を受けたとして、「色白」「女性」などの条件を外したと発表した。
東大卒の元プロ野球投手の松家卓弘さんが、4月からふるさと高松の高校で教鞭を執ることになった。世界史を中心に教えるという。
カナダのバンクーバーでは、馬鹿げているほど高価な四角いスイカが買える季節になった。高級スーパーマーケットチェーン「アーバンフェア」では、この珍しいスイカを1個199.99カナダドル(約19000円)で販売中だ。
うどんの消費量が全国一の香川県。「うどん県」としても知られているが、高松市の産業機械メーカー「ちよだ製作所」では、廃棄されたうどんを使って発電しエネルギーとして再利用するプロジェクトが進んでいる。今月末から四国電力に売電を始めるという。