kagawashinji

ブラジル・ワールドカップ開幕まであと数日と迫った今月2日マンチェスター・ユナイテッドの香川真司らを擁する日本代表はコスタリカと国際親善試合を行い、3-1で勝利を収めました。コスタリカは本戦でイングランドと同じグループに属していることもあってかこの試合はイングランドのファンやメディアにも注目されていたようで日本の勝利はもちろん香川の活躍を讃える報道も多く見られました。
さて、日本人として気になるのは、今後の香川真司の処遇である。基本的には状態は良いようだし、シーズン序盤から中盤にかけて出場機会が少なかっただけに、逆に疲労がないフレッシュな状態で戦えているのかもしれない。
日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは22日、デイヴィッド・モイーズ監督がチームを離れることになったと発表した。
サッカー日本代表は3月5日、ニュージーランドと国立競技場で国際親善試合を行った。改修工事前の国際競技場での試合は今回が最後となる。日本代表は、怪我や発熱で、内田、長谷部、柿谷、今野を欠き、大迫、青山、山口、森重を先発メンバーに選出、新しい布陣で臨んだ。日本は開始17分で、4点を先取し、岡崎らの活躍で4対2で日本が勝利した。
ニュージーランド戦が迫るなか、守護神の川島永嗣が口を開いた。香川と本田がクラブで苦戦し、その影響が心配されるが、川島はそれを一蹴した。彼が語ったのはエースへの信頼だ。
5日に行われる代表戦を前に香川真司が口を開いた。マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時を過ごす日本の10番だが、メンタルは極めて前向きだった。悲壮感はなく、試合ができる喜びを感じているようだった。
「ショートパスを繋ぐポゼッションサッカー」。このスタイルが主流となっている昨今のサッカー界において、真逆の路を進む"ヘビーメタル"なチーム。それがボルシア・ドルトムントだ。ユルゲン・クロップ監督の代名詞は「ゲーゲンプレッシング」。これは、ボールロスト時にリトリートせず、その場でプレスをかけてボールを奪うというもの。
日本サッカー協会は、3月5日に東京・国立競技場で行われる国際親善試合、対ニュージーランド戦に望む日本代表23名を発表した。
サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は25日、各地で決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)に0─2で敗れた。香川は後半15分から出場した。
マンチェスター・ユナイテッドで香川真司が苦しんでいる。試合に出場することはできず、たまに出場してもパフォーマンスはあまり良くない。モイーズ監督と哲学の不一致は明らかだが、レンタル移籍すらできない。それには理由がある。マンチェスター在住の英国人記者が読み解く。