kakei

2歳になる息子は、今まで食べたことのなかった食材を「おいちい!」と舌足らずに喜びながら食べる。モリモリと...。
NISAの「売れ筋投資信託ランキング」を見ると、問題が見えてくる…
贈与税の非課税枠の新設・拡充、ジュニアNISAの開始など、国を挙げて高齢世帯から現役世帯への資産移転を進めてきた結果、実際に世代間の資産移転は進んだのだろうか。
職域年金制度の仕組みから外れた世代の存在がISAに与えた影響は無視できないのではないだろうか。
内外の年金制度のあり方について見ている立場からすると、いくつかの点で課題が残されている気がする。
個人消費の低迷が喧伝されるようになって久しい。消費から離れているのは若年層に特有の現象であり、若年層の消費離れが個人消費低迷の主因なのだろうか。
政府・与党が、所得税の配偶者控除廃止を来年度は見送ることになった。代わりに配偶者控除を受けられる人を増やし、パートの人らの年収の「103万円の壁」を引き上げることを優先する。
2017年1月から加入対象者が拡大されることを受けて、個人型確定拠出年金(個人型DC)への関心度が高まっている。
先日とあるサイトからメールが届いた。質問の内容は年収が1100万円で貯金が出来ないという40代男性からの内容だった。
民間予測では2015年の夏のボーナスが増えるとの予測が相次いでいる。どれくらい上がるのか。
政府が2015年度の子育て給付金を、支給しない方針を固めたとの報道に、ネットからは「高齢者向け予算を削ってでも臨時給付金は継続すべき」との声も出ている。
7-9月期の実質GDPの2次速報が発表されましたが、1次速報よりも下方修正され、年率で1.9%減となり、景気の減速ぶりが浮き彫りになりました。
では、改めて家計にとってデフレとは何だったのか。それはCPIの伸び幅でも、円相場の水準でも、株価でもない。
鶏ささみやむね肉は、家計にもやさしく、健康のためにもぜひ取り入れたい食材ですよね。でも男性陣からの反応がいまいち、なんてことありませんか?
2014年4月から消費税が8%にアップしたことで、消費者の家計はどう変わった? 日本最大級のオンライン家計簿サービス「Zaim」(本社:東京都渋谷区)が11月5日、ユーザー5000人を対象にその影響を調査、「食料品費」が増えて「外食費」が減少していることが分かった。
総務省は8月29日、7月の家計調査を発表した。調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は 28万293円となり、物価変動を除いた実質で前年同月比5.9%減と4カ月連続で減少した。
ちょっとした副菜や、おつまみ、お弁当のおかずなど活躍の幅がひろい食材「ちくわ」。家計がピンチのときは、副菜だけじゃなくメインおかずにも活用しちゃいませんか?
間近に迫った増税を前に、ストック買いがピークを迎えています。あれもこれも買っておかなきゃ、と気はあせるばかりですよね。クックパッドが行った調査では、ストックしたい食材の第1位に選ばれたのは「小麦粉」。価格上昇が続く中、その選択は賢明かと思われますが実際は...!