kakei

2歳になる息子は、今まで食べたことのなかった食材を「おいちい!」と舌足らずに喜びながら食べる。モリモリと...。
NISAの「売れ筋投資信託ランキング」を見ると、問題が見えてくる…
贈与税の非課税枠の新設・拡充、ジュニアNISAの開始など、国を挙げて高齢世帯から現役世帯への資産移転を進めてきた結果、実際に世代間の資産移転は進んだのだろうか。
職域年金制度の仕組みから外れた世代の存在がISAに与えた影響は無視できないのではないだろうか。
内外の年金制度のあり方について見ている立場からすると、いくつかの点で課題が残されている気がする。
個人消費の低迷が喧伝されるようになって久しい。消費から離れているのは若年層に特有の現象であり、若年層の消費離れが個人消費低迷の主因なのだろうか。
政府・与党が、所得税の配偶者控除廃止を来年度は見送ることになった。代わりに配偶者控除を受けられる人を増やし、パートの人らの年収の「103万円の壁」を引き上げることを優先する。
2017年1月から加入対象者が拡大されることを受けて、個人型確定拠出年金(個人型DC)への関心度が高まっている。
先日とあるサイトからメールが届いた。質問の内容は年収が1100万円で貯金が出来ないという40代男性からの内容だった。