kankoku-shugakuryoko

徐々に生々しい姿を現している。
23日未明、1073日ぶりに船体が水面上に姿を現した。
事故からほぼ3年を経て、船体の引き揚げ作業が始まった。
『産経新聞』が掲載していた「『反日が心配...』韓国への修学旅行に保護者反対、学校側と対立」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。