karyokuhatsuden

米国の風力発電は、ここ10年で好調に伸びてきている。
東芝―WH問題は、インド国家百年の大計ともいえる原発開発計画にも少なからぬ影響を与えつつある。
東京電力ホールディングスと中部電力は、2018年度にも火力発電事業を全面的に統合する方向で最終調整に入った。
エネルギー分野における化石燃料(特に石炭)の競争力が低下している状況について、京都大学名誉教授の松下和夫さんが報告してくれました。
福島第一原子力発電所の事故を契機として、日本国内では、太陽光や風力など自然エネルギー(再生可能エネルギー)への熱狂的な期待感が満ち溢れ始めた。
再エネを導入しても火力発電の固定費は回避できないので、再エネのコストと比較すべきは、火力発電の可変費だということだ。
ミュンヘンにあるイルシング天然ガス火力発電所は、ドイツ政府が粛々と進めているエネルギー転換のジレンマの象徴として、大きな注目を集めている。
足元が固まらず遅れをとる日本。国内動向をみると著しい迷走ぶりに暗雲が漂うばかりだ。日本はどこへ向かうのか。
ドイツは再エネ普及増によって、再エネ普及増とは元々関係ないが別の理由で意図されている脱原子力だけでなく、元々望んでもいないし意図もしていない脱火力にまで突入することが濃厚だ。