kasogenjitsu

仮想現実とリアルの境目がわからなくなる、そんな日も遠くない?
PRESENTED BY HTC NIPPON
ちょっと分かりにくいかもしれないけど、要するに、VRは人工知能っぽくて、人工知能はVRっぽいと思う。
『ポケモンGO』と『シン・ゴジラ』に共通する点は、拡張現実の技術が、「虚構」と「現実」を融合するところに新たな魅力があるのだろう。
ケヴィン・ケリー氏が著作インターネットの次に来るものの出版を記念して来日、連日イベントを開催しケリー旋風が巻き起こりました。
秋には家庭用ゲーム機向けの商品も発売予定となっており、いよいよ一般家庭にもVRが普及する段階を迎えつつあります。
イーロン・ マスク氏はどうやら、現実を受け入れたに違いない。
バーチャル・リアリティを用いた療法で、うつ病患者が自己への愛着を深めることができるかもしれない。
バーチャルリアリティーは生活に浸透しつつあるが、これはゲームプレイやボクシング観戦を没入的にするよりも重要だ。
Appleはヴァーチャル・リアリティ体験に対し、これから継続した取り組みを行う予定なのかもしれない。
情報化の波・知性の外部化は、今後はどのように進むだろう。人類にどのような変化をもたらすだろう。 まず貨幣の電子化が進むはずだ。すでにこの世界では、紙幣・硬貨よりもはるかに膨大な貨幣が流通している。この点では、電子化の基盤となる"仮想化"がすでに始まっているといっていい。