kenia

陸前高田市への訪問経験があるローズ選手をはじめ、ケニアで練習に励む難民アスリートたちに会いに行きました。
キャンプで出会った人々の背景や暮らしを、ケニア駐在員の金森大輔が報告します。
難民支援と同様に大切なのが、受け入れる側の地域社会への支援です。
首都のナイロビでは毎年夏、日本式の運動会が開かれている。
難民となった子どもたち、少年兵だった青年たち。過去は変えられないけれど、現在も自分の力ではどうにもできないけれど、でも、未来は変えられる。
牧畜業者によると、家畜に草を食べさせるにはギャルマンさんが持つ自然保護地区の土地が必要だという。
国連平和維持活動のシステム上の欠陥のために我が国の将軍を解任し、しかも事前の相談もなかったことは、失礼であるだけでなく、ケニアが南スーダンに果たしてきた貢献という名誉を傷つけるものだ。
次の犠牲者を出さないためにも、問題の本質を問う報道をしてほしいと願うばかりだ。
ケニア政府は4月30日、密猟者から押収した象牙約105トンを首都ナイロビの国立公園で、一斉に焼却処分した。