kenkohoken

「これから転職、結婚、住宅購入などを考えている世代こそ、いますぐライフプランを見直すべき」ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは指摘します。
PRESENTED BY 健保連
10月26日に開かれた財政諮問会議で、安倍総理は3%の賃金アップを経済界に求めた。 官製春闘などとも揶揄されているが、それなりに好意的に受け入れられているようだ。給料が増えて困る人は居ないので当然、ということになるのかもしれないが、果たして
優れている制度なのに、皮肉なことだが。
手放しで喜べる状況かというと決してそうではない。
病気になった人を治す医療から病気にさせない医療に拡張させる突破口があるのではないかと思い起業を決めました。
「健康」はすべての人にとっての夢、「病」はすべての人にとっての脅威。
第9回のテーマは、先進的な医療技術である「先進医療」を受けた際の患者負担を保障する「先進医療特約」の支払限度額「500万円」について。
アメリカでは、性別適合手術を保険でカバーする企業がここ10年で爆発的に増えている。
診療における検査結果は、問診や触診と相互補完するものだと思うが、診療に検査結果を活かすも殺すも医師の診療能力次第なのだろう。
日本の保険システムは優れていると言われる一方で、若干不公平な仕組みとも考えられます。例えば「太く短く生きたい」と、毎日浴びるように酒を飲み、喫煙し、全く運動しない人と、健康的に生活する人の保険料は同じです。