kodomonohinkon

支援が必要な家庭に物資を定期的に届ける取り組みを行っている「こども宅食」。その目的は、ただ物資を届けることだけではありません。
「こども宅食を恒久的な制度にしていきたい」。会長の稲田朋美議員が「こども宅食推進議員連盟」設立総会で、その決意を述べました。
「政府備蓄米」のうち、10〜20%もあれば、貧困世帯の子どもたち全員にお腹一杯になるくらいの米が配れるはずなのです。
NPO法人「キッズドア」などは、休校の影響を受ける困窮家庭の子ども1万人に、文房具やクオカードを詰めた「家庭学習応援パック」を贈るプロジェクトを始めた。
東京都内のある弁当店が、子どもたちに向けて書いた貼り紙。その内容にネットで感動の輪が広がっている。
夏休みが始まると、体重を減らしてしまう子どもたちがいる。そんな話を聞いたことはないだろうか?家で十分な食事をとることができていないため、給食がなくなると、成長に必要な最低限の栄養さえとれずにやせてしまうのだ。そんな子どもたちを少しでも減らそうと、NPO法人キッズドアが奮闘している。
「教育システム」や「家庭」というセーフティーネットを失った主人公の若者4人。 彼らのハードな人生を描く「ギャグ」と「リアル」のミックス
「多くの子どもたちに楽しい時間を過ごしてほしい、家族のような付き合いのできる友達を見つけてほしい」
「同じ釜の飯を食う」という言葉がありますが......。
7人に1人の子どもが、相対的貧困に陥っている。
「子どもの貧困」という言葉が社会で広がりをみせるまでには、どのような背景があったのでしょうか?
誰かとともに生きていくことは、決して身近な家族や友人だけではありません。
「貧乏」と「貧困」の違い。あなたは、何だと思いますか?
子どもの貧困は、その定義の難しさや見えにくさなどから論争が起こっています。