kyoikukaikaku

多様な子どもたちが、地域の学校に「ふつう」に通えるように。
「学校のあたりまえを変えるとき」子どもたちは、学校の “ふつう”に縛られて苦しんでいる
先生の力を抜きにして教育の向上はありえません。
一人の母親として、子どもたちに家でどんな教育をしていくべきか、ITを教育にうまく取り入れている事例は世界にあるんじゃないか。 
臨床研究で東京グループが京都グループに太刀打ち出来ないのもある意味で当然だ。高校の段階から、これだけ裾野が違うからだ。
今日のアジアおよび世界の教育の一番大きな問題の一つは、学生に情報を完璧に理解させなくてはならないと判断してしまうことです。
好奇心を育て、探求を深め、新たな知識・技術を獲得して認識を飛躍させるプロセスを大切にしたい。その土台となるのが「自己肯定感」です。
教育という国家の根幹にかかわる重要な問題を、既成概念や社会通念にとらわれずに考えるということは大切だ。
これまで国際的な学力調査で常に上位を保ち続けてきたフィンランドが、教育制度の改革に着手し、自国の教育を大きく変えようとしている。一体どのような改革なのだろうか?3つのポイントをまとめた。
ゆとり教育は理想はともかく、結果的には単に学力低下を招いてしまったという失敗の反省から、小中高校のカリキュラムが学力強化に変わりました。