kyuyuseihogoho

強制不妊手術をめぐる同様の訴訟は、全国の8地裁と1高裁で争われており、判決は昨年5月の仙台地裁に続いて2例目。いずれも賠償請求は棄却された。
報告書を受け取った門田守人会長は会見で「二度とこのようなことをやらないというのが我々の責務だ」と述べた。
もしかすると、ぼくは母親の胎内にいたとき、国に“殺されて”いたかもしれない――。
強制不妊手術をめぐっては全国7地裁に20人が提訴しており、判決は初めて。