mainasukinri

世界的にもマイナス金利政策の注目度は益々高くなっている。
結局のところ、戦力の逐次投入もムービング・ゴールポストも、どっちもどっちであるというのが市場関係者の感覚だろう。
住宅・土地統計調査によると、特に、マンション(共同住宅)の保有に関して、世帯収入の格差の影響は強く現れるようです。
長時間労働の是正によって余裕時間が生まれれば、投資を新たに始める動きも出てくるのではないだろうか。
SNSが普及した現在、各店舗の自発的なアピールが可能となり、積極的なPRや集客の余地が大きく広がったといえる。
日銀が9月20、21日物価上昇目標2%に関する総括的検証と金融政策の新しい枠組みを発表し、9月30日には集中審議を行うための経済財政諮問会議が開催されました。
日本は、スーパーやコンビニの買い物でも電子マネーで支払いをしたり、紙幣に加えてポイントを使うことで小銭の支払を避けたりすることは増えている。
9月21日に日本銀行は、新たな金融政策の枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入しました。今回の枠組みはこれまでと何が違うのでしょうか。
日銀は自ら設定した野心的すぎる目標に追い詰められている。今後、日銀が取り得る選択肢は主に2つと考えられる。