mainichishinbun

毎日新聞朝刊の風刺漫画コーナーに、はらぺこあおむしに擬したバッハ会長以下IOCメンバーが、「放映権」というリンゴをむさぼっている似顔絵が掲載されていました。
2002年から足かけ16年にわたり、毎日新聞に連載されてきた西原理恵子さんの人気漫画「毎日かあさん」が6月26日で終了することになった。
「所属する組織やチームのために命をかけろ」という考え方は日本社会に浸透している。教育勅語の教えは「組織」の部分を「国」に変えただけで、根本的な考えは似ている。
特権階級の中枢におられた鳥越さんが「ペンの力がだめ」と言うことは、野球チームの監督が「うちのチームだめなんだ」と言っているようなものです。
リリースされたMSN毎日インタラクティブは、いくつかの新しい発想を持ち込んでいた。
もはや10年以上前の出来事ながら、毎日新聞とマイクロソフト社は、両社のニュースサイトを統合。この提携を振り返り、今後のニュース・サイトについて考察したい。
毎日新聞の記事を見る限り、遠藤大臣の問題は、甘利前大臣の問題とは全く性格が異なる。
7月の参院選から18歳へと選挙権が引き下げられることに伴い、各新聞社それぞれ特集記事を組むなど、様々な取り組みを行なっています。
毎日新聞のニュースサイトが4日午前10時40分ごろから、約2時間にわたり閲覧しにくい状態になった。国際的ハッカー集団「アノニマス」が、Twitterに同社を攻撃する趣旨の投稿をしていた。