masakosama

子どもの頃のお茶目な写真や結婚の儀、家族との写真であゆみを振り返ります。
多くの人出が予想され、皇居前広場から正門入門までに2時間以上かかる場合があるという。
新たな時代の幕開けとなった5月1日、新天皇の即位を写真で振り返ってみました。
「海外留学をし、キャリアウーマンと結婚し、英語を話し、ジョギングを楽しみ、ヴィオラを奏でる『近代的』な新天皇陛下」とドイツメディア。
皇居で2日、一般参賀があり、天皇陛下が「わが国と世界の人々の平安を祈ります」とあいさつされた。
皇太子妃の雅子さまは9日、53歳の誕生日を迎えられた。雅子さまは、誕生日にあたって文書で感想を寄せた。
天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が12日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、療養中の皇太子妃雅子さまが12年ぶりに園遊会に姿を見せた。
オランダのウィレム・アレキサンダー国王とマキシマ王妃が10月28日から31日まで国賓として初来日した。昨年4月に即位した国王は皇太子時代、10回を超える訪日歴がある知日派で、欧州以外では国王となって初の外遊となる。これに応え、日本側は異例の厚遇で迎えた。
皇太子ご夫妻と長女の愛子さま(12)は7月15日、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇の武蔵野陵と香淳皇后の武蔵野東陵の2陵を参拝された。
皇太子さまと愛子さまは4月13日、学習院で開かれた「オール学習院大合同演奏会」にそろって出演した。雅子さまも客席で拍手を送った。
皇太子ご夫妻の長女愛子さま(12)は6日、学習院戸山キャンパス(東京都新宿区)での女子中等科入学式に出席された。
皇太子妃雅子さまは11月9日、50歳の誕生日を迎えられた。宮内庁東宮職を通じて、文書で誕生日に際しての感想を発表。6月に結婚20周年を迎えられたこと、東日本大震災で被災された人たちへのメッセージ、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったことや、愛子さまのご成長などについて感想を寄せられた。
皇太子ご夫妻の長女愛子さまは1日、12歳の誕生日を迎えた。愛子さまは学習院初等科6年生。宮内庁によると、入学式で新入生を教室まで案内する係に立候補するなど、最上級生として積極的に学校の活動に取り組んでいるという。