matsuda

ランキング形式で軽自動車の燃費ベスト10をご紹介しよう。
いまだに走り屋たちを引き付けてやまないロータリーエンジン(RE)の魅力とは何か? 業界の第一人者でもあるRE雨宮の雨宮勇美代表に聞いた。
近頃、私は仕事で広島を訪れる機会が増えているのですが、地元の人たちが持つ「広島発で何かを成し遂げる」という底力は、企業活動にも当てはまるように思えます。
「124スパイダー エラボラツォーネ アバルト」は、スポーツ性能を引き上げたロードスターのフィアット・バージョンのような物であることが分かってきた。
4代目となる現行モデルには、ルーフを閉じたときに美しいファストバック・クーペのスタイルになる新たな開閉式ルーフが採用された。
フェラーリの上場時の時価総額はおよそ1兆2500億円ほどであったが、これは日本の自動車メーカーでいうと、マツダやいすゞと同等規模であり、三菱自動車をやや上回る。
その年の最も優秀な自動車を選ぶ「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」に、5月に発売された4代目マツダ・ロードスターが選ばれた。
ハロウィーンのシーズンに合わせて、最も信頼できないと評価を下されたパーツやシステムで構成された、まさにオーナーにとっては悪夢のようなクルマが発表された。
「Mazda RX-VISION(マツダ・アールエックス・ビジョン)」は、今年の東京モーターショーに出展されたモデルの中で特に際立つ1台と言えるだろう。
ハフポスト日本版が、28日のプレスデーで撮影してきた「未来のクルマ」を一挙に紹介しよう。