mosuru

イラクのアバディ首相が、過激派組織「イスラム国」(IS)が最大拠点としてきた北部モスルに入り、自身のツイッターで「解放されたモスルに到着し、イラク軍及びイラク国民の勝利を祝った」との声明を出した。
イラク軍や治安部隊は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)が最大拠点としてきたイラク北部モスルの旧市街へ、3方向から突入作戦を始めた。
闇に包まれていた過激派組織「イスラム国」(IS)の実態が、次第に明らかになりつつある。
「ISのテロリストによって荒らされており、見るに堪えないものだ」
ISによって恐怖に陥れてきたイラクの宗教少数派にとって、祝福すべきことだ。
イラク軍がISからモスルの空港を奪還しました。
「いつも思うんだ。自分がこの爆弾を取り除かなければ、一般市民が命を落とすだろうと」
「殺害する人数は少なくても、大勢の人に恐怖を与えることができる」